教えて朋和産業さん!冷凍食品のパッケージの様々な機能について

「冷凍食品の包装の仕組みについて知りたい」
「冷凍食品パッケージの特徴は?」
「朋和産業株式会社の社員の年収はどれぐらい?」

スーパーマーケットやコンビニに行けば、どこでも売られている今では無くてはならない冷凍食品です。
だけどこの環境対策やエコが意識される時代に、商品によって過剰包装のパッケージも多くてエコじゃないと憤慨する人もいるかもしれません。
だけど単なる過剰包装ではなく、冷凍食品のパッケージには様々な理由でぶ厚くしたり過剰に何層にもしている物も多く、その理由もいくつもあります。
そこで今回何故そんな過剰の包装になっているのか理由について語って行きます。

青汁って一体なに?おすすめの商品は?

朋和産業が重要視する冷凍食品のフィルム

何でこんなに分厚くて裏に銀色のフィルムが貼っていて、開けにくいのだろうと思ったり、そんな容器に金をかけるぐらいなら、中身の食品の数や量を増やしてくれよとぼやく人も多いはずです。
冷凍された食品は、当然ですが長期保存で冷たい冷凍庫に保管されます。
そのため耐寒性がある程度高くないと、寒さで変質して破けてしまいます。
だから必然的に耐寒性を高めるために、薄い包装の時は裏に銀色のフィルムを貼った二層構造にしたり、ビニールやプラスチックならば分厚くする必要があります。
銀色のフィルムには耐寒性以外にも、保冷能力で内側の食品を凍ったままにキープする効果まであります。
さらに包装で開けにくいなとか、破るのに力を入れなくて行けなくて大変だと感じている人も多いはずです。
何で一般の食品よりもこんなに硬くしまっていて、開けるのが大変なんだろうともっと開けやすい容器に変えてよと改善を望む人も多いと考えられます。

関連/朋和産業年収

冷凍庫の食品の中の空気が膨張してパンパンになっている理由

だけどちょっと想像してみて欲しいのですが、冷凍庫の食品の中の空気が膨張してパンパンになっているのを見たことがある人も多いはずです。
何故膨張するのかと言うと、冷蔵庫で冷やされて中身の空気の膨張と圧縮を繰り返しているからです。
つまり冷蔵庫にパンパンに物を詰めると、冷蔵庫の上の部分は頻繁に開けられると温められて膨張するからです。
そんな時に密閉度が低いと、自然と包装容器が破裂して開いてしまいます。
だからそういう状況でも中身の食品が飛び出さないように、冷凍された食品の包装容器は密閉性を高めてます。
パンパンに膨らむぐらいなら、何で空気を入れるんだと真空状態で売ればいいと頭のいい人は閃いたかもしれません。
だけど敢て空気を入れて作っているのには、ちゃんと理由があります。
冷凍食品が食品工場で生産された後に、工場直販であっても消費者の物と輸送されます。
その時にトラックで運ばれて、どんなに丁寧に運んだとしても急ブレーキをかけたり予測不能な衝撃が商品に加わります。

食品を衝撃から守っている

さらに届いたスーパーマーケットやコンビニの店頭では、店員さんが商品を並べたり、さらにお客さんも商品を品定めするのに手に取って置いたり、乱暴な客が床に落としたりする事もあります。
そんな時に真空パックの食品なら、がちがちに凍っていても傷ついたり破けてしまう事もあり得ます。
だから敢て空気を入れて風船のようにして緩衝材のようにしたり、プラスチックの緩衝材を入れるなどして食品を衝撃から守ってます。
パッケージに空気を入れて膨らませているのは、衝撃耐性を上げるために行っているので合理的な理由があります。
エコを考えると、ビニールやプラスチックを多用している冷凍食品のパッケージって環境破壊じゃないかと考える人もいるかもしれません。
可燃ゴミで燃やせたり、ゴミの少ない別の容器の方がいいと提案する人もいるはずです。

敢てプラスチック容器にしている理由

でも敢てプラスチック容器にしているのには理由があって、耐水性も重要になっているからです。
冷凍庫には様々な食品から出る水分が霜や氷になって食品にくっつき、その霜や氷が溶けて容器に水滴がつく事が多いです。
そんな時には防水性のが無いと浸み込んでしまって、食品が劣化する原因となって今います。
だからエコじゃなくても、敢えて防水性の高いプラスチック製品が使われてます。
そんなエコじゃないプラスチック容器ですが、最近ではプラスチック容器製造工場ではリサイクルできる製品も開発されて来てます。
冷凍食品のパッケージには、他にも印刷のし易さも求められます。
初めて購入するジャンルの商品を選ぶ時には、どうしても派手で美味しい中身の食品画像が書かれている物が目に入り、買っている人も多いはずです。
さらに売上ナンバー1とか、人気があるインパクトのあるコメントが書かれているとそういったものに惹かれがちです。
だから冷凍された食品を作るメーカーとしては、できるだけ印刷できるスペースや細かい字が滲まない容器を求めます。

まとめ

だけど人によっては塗料がそんなに塗られていたら、かえって食品として体に悪かったり、処分した時に環境に悪いのではないかと考える人もいるかもしれません。
最近は環境を破壊しない自然分解するインクも開発されたり、食品由来の成分で人体に害のないインクが使われているので安心して購入できます。
冷凍食品のパッケージに対して不満を感じたり疑問を感じている人も、その容器を使っている理由がある事を解ってくれたら幸いです。