【JPアセット検証】証券会社は味方と言えるのか?

最終更新日 2023年9月21日 by iccimm

投資をする場合には、必ず登録をしなければいけないところがあります。
それは証券会社と呼ばれるところです。
世界中にもたくさんの証券を扱っている会社がありますが、日本にも実に多くの会社がある事は多くの人が知っている通りです。
大手のところはテレビコマーシャルなどを積極的に行っていますが、最近は動画などで中小企業の会社が積極的にコマーシャルを行うことができるようになりました。
さすがにテレビコマーシャルはかなりのお金がかかるため、中小企業ではなかなかできない傾向があったわけです。

純金積立のメリットデメリットと向いている人の特徴

JPアセット証券から見た証券会社の選び方のコツ

ところが動画に関しては、テレビで放送するよりもお金がかからないため、中小企業がそれでアニメをつけて行うようになりました。
ネット上では、小さな会社にもかかわらず、積極的に宣伝しておりいつの間にか知名度が高くなったところもあります。
どこの会社を選ぶ必要があるかは、その時々によって異なるでしょう。
なぜなら会社によって、強みが異なるからです。
例えば、投資信託に強みを持っている会社と言うのもあり、もし自分が投資信託をスタートするならばそこに登録をしてみましょう。
一方で株式投資に強みを持っているところやFXに強みを持っているところがあるわけです。
最近増えている投資信託の場合、はっきり言って証券会社は見方の要素が強い傾向にあります。
つまり登録をすることに加えて、その証券会社の中でトレーダーがおりその人がうまくお金を増やそうとしているからです。

途中で投資信託を止めてしまう人の特徴

投資信託の魅力は、預けているだけでお金が増えると言う事ですが、実はお金が減る時期があるわけです。
途中で投資信託を止めてしまう人は、資金がマイナスになったときにやめてしまいますが、これでは何の意味もありません。
一時的にあるいは数年単位で預けた資金がマイナスになり1,000,000円預けていたにもかかわらず、なぜか900,000円しかないと言うこともありますが、この時期に止めるのはかなりの喪失です。
いずれ、またプラスになる時期が来ますので、その時まではずっとお金を投入し続けるのが正しい投資信託の考え方かもしれません。
一般的には、そのようにして証券会社を設けているわけですが賢い人は資金が減っているときにどんどん投入し、そして資金が増えていくのを待ちます。
100%を超え105%から110%位になれば、それ以上成長する事はありませんので、そこで止めてしまっても良いかもしれません。
ちなみに30年かけて行う人がいるかと言えば、ほとんどの人は5年以内に止めています。
やはり、持っているお金がマイナスになることもありますが、時代の流れと異なり最近は投資信託をする流れがありますが10年後はその流れがもはや消えているかもしれません。

証券会社の裏側

果たしてそんな中で10年以上続けることができる人はどれほどいるでしょうか。
FXなどを行う場合は、セミナーなどを行ってくれるため、またはFXをスタートする機会を与えてくれるため、証券会社っていうのは非常に強い味方と言っても良いでしょう。
ところが、損失が膨らんでいくにつれ色がどんどんなくなっていくわけですが、この場合個人の資金は全て証券を扱っている登録した会社のほうに入っていきます。
そうすると、個人の資金がなくなる一方でその会社は潤うことになりますので、会社側としては明確には述べていませんが、できるだけ多くの参加者にトレードしてもらい、たくさんのお金を費やしてもらいたいと考えるわけです。
だからといって、それを明確に述べている事はまずありません。
会社の運営する側も馬鹿ではありませんので、できるだけたくさんのお金を預けましょうなどと言うわけではないです。
むしろ、トレーダーの見方をするようにできるだけ最初のうちは少ない資金でおこないましょうと言うかもしれません。

投資の心得と注意事項

そのように言っても、結局たくさんのお金を入れる人は必ずいますので、いくらするような注意をしたところで証券会社の儲けというの増えていくことになるわけです。
では、個人としてどのようなスタンスを取ったら良いでしょうか。
1番は、初期の段階であまりお金を入れないことでしょう。
特に最初の3年間は負け続ける可能性があるため、3年間で10,000,000円のお金を入れた人も3年間で500,000円のお金を入れた人も同じように負けるとすれば、できるだけ負ける金額が少ない方が良いことが理解できます。
そうだとすれば、最初の3年間はできるだけ少ない金額を入れ、自分が勝ち始めたと感じた場合少しずつ資金を増やしていくのが良いかもしれません。
1番よくないのは、やはり短期間で一気にお金を失うパターンでその後退場し二度と側には戻ってこないパターンでしょう。
そうすると、登録した会社の思う壺になってしまいます。

まとめ

自分で失ったお金っていうのはすぐに取り返せないかもしれませんが、3年から5年そして10年と言う時間をかけながらゆっくりと取り返しそして資金をプラスにしていくのが正しいFXのやり方と言えるでしょう。

JPアセット証券株式会社のInstagram
https://www.instagram.com/jpasset/?hl=ja

 

よくある質問

Q:証券会社とは何ですか?

A: 証券会社とは、株式仲買人または証券会社とも呼ばれ、個人や機関投資家のために株式、債券、投資信託などの有価証券の売買を仲介する金融会社です。証券会社は、通常、仲介した取引にかかる手数料や報酬を通じて利益を得ています。

Q:証券会社はどのようなサービスを提供しているのですか?

A: 証券会社は、証券取引の売買や執行、投資アドバイス、ポートフォリオ管理、退職金計画、リサーチや市場データへのアクセスなど、さまざまなサービスを提供しています。また、銀行、保険、ローンなどの付加的なサービスを提供する会社もあります。

Q:証券会社はどのように選べばよいのでしょうか?

A:証券会社の選び方は、お客様の具体的なニーズや目標によって異なります。手数料、投資商品の種類、顧客サービスのレベル、リサーチやツールの質などを考慮してください。また、証券会社の安全性や安定性を評価し、米国のSEC(証券取引委員会)のような規制機関に登録されていることを確認することも重要です。