食品フィルム包装の様々なタイプの長所と短所

最終更新日 2024年6月11日 by iccimm

食品用フィルム包装材の種類を適切に選択することは、食品の安全性、品質、賞味期限に大きく影響します。
今回は、市販されている食品用フィルム包装材の種類と、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

食品用フィルム包装の種類

一般的にメーカーが使用する食品用フィルム包装材には、いくつかの種類があります。
これらの材料はそれぞれ、特定の用途に適したユニークな特性や特徴を持っています。
最も一般的な食品用フィルム包装材の種類は以下の通りです。

ポリエチレン(PE)

ポリエチレンは、食品用フィルム包装に広く使用されている素材である。
ポリエチレンは、柔軟で透明な素材であり、密封しやすく、バリア性に優れています。
また、軽量で価格も手ごろなため、多くの食品メーカーで採用されています。
ただし、溶けたり変形したりする可能性があるため、高温の食品への使用には適していません。

ポリプロピレン(PP)

ポリプロピレンも食品用フィルム包装材として人気のある素材です。
ポリエチレンよりも耐熱性が高く、熱いものから冷たいものまで対応できます。
また、ポリエチレンよりも剛性が高いため、トレーやカップなど、より構造が必要な用途に適しています。
ただし、ポリエチレンに比べると柔軟性に欠けるため、すべての用途に適しているとは限りません。

ポリ塩化ビニル(PVC)

ポリ塩化ビニル(PVC)は、食品用フィルム包装によく使用される柔軟で透明な素材です。
バリア性に優れているため、様々な食品に適しています。
ただし、有害な化学物質を放出して食品を汚染する可能性があるため、脂肪分や酸性の多い食品への使用は適さない。

ポリエステル(PET)

ポリエステル(PET)は、食品用フィルム包装によく使われる、丈夫で耐久性のある素材です。
バリア性に優れ、熱い食品にも冷たい食品にも使用できます。
また、透明で柔軟性があるため、さまざまな用途に適しています。
ただし、ポリエチレンやポリプロピレンほど柔軟ではないため、用途によっては不向きな場合もあります。

セルロースフィルム

木材パルプを原料とした生分解性素材。
透明性が高く、生鮮品や焼き菓子など、さまざまな食品に使用できる。
また、堆肥化も可能で、他の食品用フィルム包装材に比べて環境に優しい素材です。
ただし、強度や耐久性には劣るため、用途によっては不向きな場合もあります。

食品用フィルム包装材の種類による長所と短所

食品用フィルム包装材には、それぞれ長所と短所があり、その概要は次のとおりです。

ポリエチレン(PE)

長所

  • 柔軟性があり、透明であるため、食品を容易に視認することができる。
  • 密封しやすく、バリア性が高いため、食品の鮮度を保つことができる。
  • 軽量かつ安価であるため、多くの食品メーカーにとって費用対効果の高い選択肢となる

短所

  • 溶けたり変形したりする可能性があるため、高温の食品には適さない。

ポリプロピレン(PP)

長所

  • ポリエチレンよりも耐熱性が高く、高温の食品に適している。
  • 熱いもの、冷たいものの両方に使用できる
  • ポリエチレンよりも剛性が高いため、構造が必要な用途に適している。

短所

  • ポリエチレンに比べ柔軟性に欠けるため、用途によっては不向きな場合がある

ポリ塩化ビニル(PVC)

長所

  • 柔軟性があり、透明であるため、食品の視認性が良い。
  • バリア性が高く、食品の鮮度を保つことができる

短所

  • 有害な化学物質を放出し、食品を汚染する有害な化学物質を放出する可能性があるため、脂肪分または酸性の食品との使用には適していません。
  • リサイクルできない可能性があり、環境汚染につながる。

ポリエステル (PET)

長所

  • 強靭で耐久性があり、食品を保護するのに優れている。
  • バリア性が高く、食品の鮮度を保つことができる
  • 温かい食品、冷たい食品の両方に使用できる
  • 透明で柔軟性があり、様々な用途に使用できる。

短所

  • ポリエチレンやポリプロピレンほど柔軟ではないため、用途によっては適さない。
  • 生分解性、リサイクル性に乏しく、環境汚染につながる可能性がある。

セルロースフィルム

長所

  • 生分解性、堆肥化が可能であり、他の食品用フィルム包装材と比較して環境に優しい。
  • 青果物や焼き菓子など、さまざまな食品に使用できる。
  • 透明であるため、食品の視認性に優れている。

短所

  • 他の食品用フィルム包装材に比べ、強度や耐久性に劣るため、用途によっては適さない。
  • 他の食品用フィルム包装材と比較してバリア性が劣るため、食品の賞味期限に影響を与える可能性がある。

まとめ

適切な食品用フィルム包装材を選ぶには、包装する食品のニーズ、環境への配慮、費用対効果など、考慮すべき要素がいくつかあります。
食品用フィルム包装材にはそれぞれ長所と短所があり、これらの要素を慎重に判断した上で決定する必要があります。
さまざまな種類の食品フィルム包装材の長所と短所を理解することで、食品メーカーは十分な情報を得た上で決定を下し、安全で効果的、かつ環境にやさしい方法で製品を包装することができるようになるのです。

関連サイト

朋和産業の特徴は?会社概要、求人内容や職場環境を調査
食品包装フィルムとは?内容物に応じたフィルムの種類や特徴などを解説

よくある質問

Q1.食品フィルム包装とは何ですか?

A: 食品フィルム包装とは、食品の保存や保護のために、薄く柔軟なプラスチックフィルムを使用して食品を包んだり、覆ったり、密封したりすることを指します。
ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステルなど様々な素材があり、袋、パウチ、ラップ、ライナーなど様々な形状があります。

Q2.食品フィルム包装は健康や環境に対して安全ですか?

A: 食品用フィルム包装の安全性と環境への影響は、使用されている材料の種類と廃棄方法によって異なります。
プラスチックフィルムの中には、ビスフェノールA(BPA)やフタル酸エステルなどの有害な化学物質を放出するものがあり、食品に移行して健康被害を及ぼす可能性があります。
しかし、現在では多くの食品用フィルム包装材が有害物質を含まないように設計され、FDA(食品医薬品局)の基準などの規制に準拠しています。
環境負荷の面では、プラスチックフィルムはリサイクルや分解が可能ですが、適切な廃棄方法が必要で、ゴミや公害の原因となることがあります。

Q3.食品用フィルム包装のメリットは何ですか?

A: 食品フィルム包装は、消費者と製造者の双方にとっていくつかの利点があります。
消費者にとっては、腐敗や汚染、空気や湿気への暴露を防ぐことで、食品の賞味期限を延ばすことができます。
また、食品の保存や輸送を容易にし、成分や栄養、調理方法に関する情報を提供することができます。
メーカーにとって、食品フィルム包装は、製品の外観や魅力を高め、輸送や取り扱いの際に製品を保護し、ラベル表示や安全性に関する規制に準拠させることができます。
さらに、食品フィルム包装は、製品の鮮度を長く保つことで食品廃棄物を減らし、冷蔵や輸送に関連するエネルギー使用やコストを削減することができます。