マーケティングとは何か?定義と基礎を解説

この記事は以下のような人におすすめです

・マーケティングで重要なこととは?
・マーケティングについて真剣に勉強したい
・会社の営業マンとしてマーケティングの勉強をしている

マーケティングは現在の企業では一般的に行われていることであり、その手法も様々な業界の中で理論として確立されているため、この理論に則って行っていると言うケースが少なくありません。
最近ではビジネススクールでも1番最初にこの理論を教えることが多くなっており、多くの企業ではこれに則って様々な戦略を立案しているのが実態です。
しかしその結果どの企業も同じような戦略を打ち出すことが多くなっているほか、事業計画でも同じような単語が並び非常に差別化がしにくい状況となっている事は否めません。
これは、ビジネススクール等で教えるマーケティング理論が全知全能のものであるかのように誤解してしまう人が多いことによります。

マーケティング本 ランキング

目的を達成するためのツールである手法である

あくまでも目的を達成するためのツールである手法が、本来の目的意識がなくなり単純にこの手法を実行することでより良い結果を得ることができると誤解している人が多いのです。
商品を生み出すためには市場に合ったものを生み出したいというのが多くの企業の望みであり、そのために市場ニーズを引き出すための様々な調査を行う必要がある事は多くの経営者が知っています。
そしてそのために様々な調査を行い、その結果を集計して商品の企画を立案することが重要ですが、この際に誤ってはいけないのは自らの企業が目的とする明確なビジョンをその底辺に据えて、これを実現するためにはどのような方法が適しているのかを決めるためにマーケティングを行うと言うことです。
単純に市場に合った商品を開発すると言うものではなく、その中にその企業の思いが込められていなければなりません。
しかし現代では多くの企業が似たような商品を発表し、その独自性がなくなってしまっていると同時にそのために激しい競争にさらされている傾向があります。

どの企業を選んでもあまり大きな違いは無いと見えることが多い

消費者から見た場合にはどの企業を選んでもあまり大きな違いは無いと見えることが多く、それが結果的に価格の安さで選ぶことにつながっているのです。
高度成長期からバブル期に至るまで、日本の企業は右肩上がりの成長を続けており、具体的に詳細なマーケティングはあまり意識することが必要ない時代となっていました。
企業が新たな商品を開発すればこれらはそのほとんどが飛ぶように売れ、多くの企業が自らの思いを込めた商品を自由に開発し販売することができる時代が続いていたのです。
しかしバブル崩壊によってこの状況は大きく変化し、多くの人々はより安く良いものを慎重に選んで求めるようになりました。
同時にこれまで積極的に購入していた様々な商品について、本当に自分の生活に必要なものかどうかをよく考えて購入するようになっていったのです。
これはこれまで右肩上がりを続けていた企業にとって大きな変化であり、これまで自らの企業のコンセプトを半ば市場にごり押ししてきた多くの企業にとって、路頭に迷うほどのインパクトがありました。

自分にとってメリットのあるものをできるだけ安い価格で購入したい

その中で海外から伝わってきたのがマーケティングと言う手法であり、これを利用することでこれまで売れなかったものが売れるようになると言うイメージを持ってしまうことになります。
現代は高度成長期やバブル期のように多くの人が新たなものを欲しがると言う時代ではなく、自分にとってメリットのあるものをできるだけ安い価格で購入したいと考える傾向があります。
その度合いは人によって様々ですが、従来のように良いものを作れば売れると言うものではなく、それぞれの人の様々な欲求に合ったものを作らなければ売れないというのが実態です。
さらにその欲求は人によってそれぞれ異なっており、これら全てを網羅する事は非常に難しいものとなっています。
その中で企業はそれぞれ自分の得意分野の中で、より売れるための商品を開発しなければならないことから、その要素をマーケティングに求めるようになりました。

企業が売れる商品を生み出すためには

これを利用することであまり表に現れない顧客の欲求を掘り起こすことができたり、または新たな商品を市場に投入する場合に効果的な方法を生み出すことができると誤解している部分があります。
そのために様々なところでその戦略の立案を誤り、結果的には1時的なブームで終わってしまったり、顧客の反感を招くような違和感の高い商品を生み出してしまうことにもつながっているのです。
企業が売れる商品を生み出すためには、その独自性を正直に表現しなければなりません。
独自性の中にはその企業が持つ品質の高さや様々なコンセプトが含まれ、これを具体的に実現することによって顧客の注目を集める可能性が高くなります。
市場調査はその要素が決まった段階で実際の市場との適合性を確認するために必要であるほか、その結果によって商品のコンセプトを変えるのではなく販売戦略を変えることが良い方法となります。

まとめ

すなわち市場に適合しない商品を改良する場合には商品自体を合わせるのではなく、商品を販売する市場を変えることが非常に良い方法となっているのです。