プロパンガスと都市ガスとの違いなどについて

プロパンガスはLPGとも呼ばれるガスのことで、プロパンやブタンといった成分を主に、圧縮で液化された石油燃料を指します。
常温で安全に液化できることから、体積が減るので可搬性に優れるメリットがあります。
ただ、ガスそのものは引火性が高く漏れ出すと爆発の恐れがあるので、ガス漏れを感知しやすいように特有のニオイがつけられています。
元々は無臭で無色ですから、あえて独特で鼻につくニオイがつけられているわけです。
ちなみにいわゆるカセットボンベの成分もブタンが主で、誰でも安全に使えるようになっています。

プロパンガスの供給方法

プロパンガスの供給は、可搬性の高さからボンベを輸送する形で各家庭に届けられます。
専用の容器に入れられたガスが、供給網のない地域にも届けられますから、日本では割と広い地域で普及している状況です。
しかし、人力で供給を行うことから効率が悪く、都市ガスと比べてコストが割高になるデメリットがあります。
都市ガスはガス管を通して供給されますから、配管が行われている地域や建物でなければ使えませんが、その分コストがお得です。
ガス単価のみでいえば都市ガスに軍配が上がりますから、ガスの使用量が多い家庭にとっては、このガス供給方式の違いは無視できないでしょう。
余談ですが、都市ガスに用いられる成分はメタンが主成分で、液化天然燃料に分類されます。
プロパンガスも主成分は天然由来成分ですが、正式名称は液化石油ガスと呼ばれます。

災害の発生時に復旧が早い

単価が高く年間コストが無視できないプロパンガスですが、災害の発生時に復旧が早いというメリットはあります。
またガスの熱量が大きいので火力を必要とする調理などで有利ですし、設置のハードルが低く費用を抑えられるので、新規導入しやすいメリットも見逃せないポイントです。
料金体系は自由料金制ですから、お得な価格で提供する企業を探して乗り換えれば、現在の料金よりも安くできます。
導入の際は、必然的にボンベを設置するスペースが必要になりますが、それほど広いスペースは要しないのであまり問題にならないです。
むしろ、ボンベを交換する作業スペース確保の方が、重要性は高いといえるでしょう。
ボンベは車で運び置き換える作業が必要となるので、車を横付けできるスペースも不可欠です。

ガス漏れ時の対応について

このように、似ているようで何かと異なる両者ですが、ガス漏れ時の対応もまた違ってきます。
前者は空気よりも重く下に溜まりやすいので、頭を高い位置にしたまま屋外に避難するのが正解です。
後者の都市ガスは空気よりも軽い性質がありますから、逆に姿勢を低くするのが正解で、ガス漏れの対応が全く異なるので注意が必要です。
料金だけを考えるなら断然都市ガスですが、ガス管が供給の鍵を握っていますから、ひと度災害が発生してインフラが壊れると復旧に時間が掛かります。
つまり、地震が発生すると当面の間ガスが使えなくなる可能性が高いので、ガス供給が止まった状況を想定した準備や対策が欠かせないです。
カセットボンベがあれば調理は可能ですが、お風呂のお湯は沸かせませんから、その対策が必要となるでしょう。
勿論、人力のガス供給も道路の破損などで途絶えてしまえばそれまでなので、いずれにしても最悪を想定したり対策を考えることは重要です。

賃貸住宅の入居を検討する場合

一長一短があるので、どちらか一方が優れているとはいえませんし、何を重視するかで選択は異なります。
賃貸住宅の入居を検討する際には、プロパンガスかどうか確認して、物件を選択することをおすすめします。
ガスの種類にLPGとあれば単価は高く、災害発生時の復旧が早いことを意味します。
単価の安さを重視するなら都市ガスで、LNGと表記があれば月額、年間の使用料金は比較的安く済むでしょう。
共通する注意点としては、いずれか一方からもう一方に乗り換えるのは難しいことです。
都市ガスは供給網のガス管から供給されるので、それを無視してボンベで供給してもらうのは困難です。
プロパンガス同士なら、契約するガス会社を変更できるので、単価や料金体系に不満があれば乗り換えられます。
というより自分でお得なガス会社を選び、契約して利用を行う必要があるというのが正確です。

参考記事:プロパンガスの一戸建て(中古住宅)購入時の注意点とは?

入居前に契約している会社や変更の可否を確認しておく

調理やお風呂を電気で行う方法もありますが、既存の設備が使えず入れ替えを要しますから、相応のコストが発生します。
乗り換えても元を取るのに時間が掛かりますから、コストを掛けずにお得にしたいのであれば、ガス会社の変更が近道です。
ただし、賃貸だと入居者が勝手にガス会社を変更できないケースがあるので、入居前に契約している会社や変更の可否を確認しておくことが大事です。
調理器具などは、ガスの種類によって使えたり使えなかったりするので、乗り換えとなると買い替えが必要になってきます。

まとめ

その為、コンロや給湯器などを含めて、引越しや契約するガス会社を変更する前に買い替えの必要性の確認、あるいは予算の確保や買い換える器具の選定などが必要です。