純金積立のメリットデメリットと向いている人の特徴

「純金積立に興味があり投資を考えている」
「株式会社ゴールドリンクさんなどの企業について知りたい」
「純金積立はどんな人に向いているのか知りたい」

純金積立とは金投資の手法の一つで、毎月一定額で金を少しずつ購入し、積み立てていきます。
こちらの投資方法のメリットの一つが、手間いらずなことです。
積み立てた金は、貴金属販売会社や証券会社に預ける形になり、自身で保管する必要はなく、保管のためのコストもかかりません。
投資を始めると、自動的にその時点での時価にあたる金額分の金を積み立てていくことになります。
購入の機会を逃した、買い忘れてしまったということはないため、忙しい人でもできるのがメリットといえるでしょう。

小額から始められる

また、小額から始められる点も、金の積み立ての利点です。
金地金の場合は、最低でも500グラムから1キログラム購入する必要があり、金の相場から考えると、ひと時にかなりの資金を投入しなければなりません。
また、購入金額によっては加工料金がかかるなど、純粋に金を購入する金額以外のコストも必要です。
純金積立の場合、取り扱っている企業にもよりますが、毎月最低1,000円から始められるものもありますし、投資に魅力を感じれば、増額することもできるので、自分の資金力に応じて積み立てができるのが良い点です。

ドルコスト平均法を使える

加えて、毎月一定金額を購入することで、金の購入金額を平均的にできます。
どの投資もそうですが、価格が安い時に買って高い時に売ることで収益を上げられます。
そうはいっても、投資は世界情勢などを反映して、予想に反する動きをするものです。
そのため、プロの投資家であっても読みが外れ、大損する場合もあるので、一般投資家が上手に収益を上げるのは難しいといえます。
その点、純金を毎月コツコツと購入し続けるものだと、自動的に、金の価格が高い時は少なく買い、金の相場が下落しているときは多く買うことになります。
このような投資のスタイルはドルコスト平均法といい、効率の良い投資方法として知られています。

積み立てた純金は現物に交換できる

そして、積み立てた純金は、現物に交換できるのも利点です。
金貨やジュエリーなどとも交換できる場合があるので、最終的にアクセサリーを作りたい人や金の延べ棒を手に入れたいという方は、目的に資する取り組みをしている企業で積み立てるとよいかもしれません。

短期的な売買に向いていない

純金積立は、メリットが多いもののデメリットもあります。
その一つに挙げられるのが、短期的な売買に向いていないということです。
先にも述べましたが、こちらの投資方法はドルコスト平均法で行うもので、取得コストを低くできるメリットがある反面、短期的な売買で収益を上げるのが難しいとされます。
短期間でより多くの収益を得たい場合は、同じ金への投資でも、現物取引や金先物取引、金CFDなどを選択するとよいかもしれません。
金は安定した価値がある資産ですが、世の中の状況を反映して価格が変動します。
そのため、金の相場は上昇基調といわれますが、時として大きく下落する場合もあります。
一度始めたら自動的に積み立てられる手軽さはあるものの、損失を回避するために、定期的に相場をチェックする必要があるでしょう。

長期的な視点で投資を考えることが大切

また、短期的な相場に左右されるのではなく、長期的な視点で投資を考えることが大切です。
純金積立は、保管の手数料はかかりませんが、取り扱う会社が年会費や購入手数料を設定している場合がほとんどです。
それらの金額の分、金投資のコストがかさむことになるため、積み立てを始める前に比較検討して、自分にとって有利な条件の会社を選ぶとよいでしょう。

どんな人が純金積立に向いているのか

投資自体初めての方や初心者の方

では、どんな人が純金積立に向いているのでしょうか。
まず、比較的安定した投資であること、小額から投資が可能なことを考えると、投資自体初めての方や、初心者に向いているといえるかもしれません。
株式投資やFXなど、ハイリスクハイリターンの投資を始める前段階として、純金の積み立てを始める人もいるようです。
「有事の金」という言葉もあるように、金融市場が不安定になったときに価格が上がるのが金で、資産の逃避先に選ばれます。
そのため、すでに投資を始めている人も、リスク分散の観点から実施している人もいます。

まとまった資金がない人で投資意欲がある人

加えて、まとまった資金がない人で、投資意欲がある人にも向いているといえるでしょう。
毎月の投資金額が1,000円から始められるものがあることを考えると、投資のハードルは下がるに違いありません。
自分の資金に余裕が出てきたら、投資額を増やすことができる点も魅力的に映るはずです。

まとめ

純金積立をどの会社で行うとよいかは、個人の考え方により異なるかもしれません。
年会費や購入手数料を抑えて投資コストを下げたい人は、ネット証券を利用するケースが多いようです。
金の購入金額と売却金額との差であるスプレッドが小さい会社を選ぶと、取引時のコストを下げられます。
一定額投資した後に、地金として手元に置きたい人は、貴金属販売会社を利用するとよいかもしれません。
インターネット取引に慣れていない人は、サイトの見やすさや手続きのしやすさを重視できるでしょう。
さらに、月々の最低投資額や保管方法も検討できます。
個人的に株式会社ゴールドリンクさんはおすすめです。