カップルで眠るならベッドはクイーンサイズで決まり!

質の良い睡眠を取りたいというのは、みんなの願いでもありますよね。
朝までぐっすり眠るために必要なものと言えば、ズバリ第一に挙げられるのが「良い睡眠を得るための環境」です。
そして中でも重要な役割を占めているのがベッドだと言えます。

 

カップルで一緒に眠る場合のベッド選び

特にカップルで一緒に眠るとなると、どのサイズのものを選ぶかということは非常に大切なことになってきます。
ベッドのサイズと言われて真っ先に思い浮かぶのは、シングルやダブルと言った言葉ではないでしょうか。
シングルは文字通りひとり用のスペースで、ダブルはふたり用となります。
でも、実はこのダブルの幅ですが、一般的には140センチほどしかないのです。
こうなると場合によってはふたりで眠るにはちょっと狭いという問題が発生しそうです。
例えば身体が大きかったり、ふたりのうちひとりの寝相が悪いなどといった場合、一晩中の安眠を確保することが難しくなってしまうかもしれません。

 

クイーンベッドの横幅はダブルよりも20センチほど広い160センチ

そこでおススメしたいのが、クイーンサイズのものです。
シングルやダブルの他に、ベッドの大きさを示す際にクイーンやキングといった言葉を聞いたことがあるでしょう。
クイーンベッドの横幅は、ダブルよりも20センチほど広い160センチというのがスタンダードになります。
そして実はさまざまなメリットがあるのです。
まずは、クイーンサイズベッドならば横幅が広い分だけゆったりと眠ることが出来ますよね。
それに実は布団を分けることが出来るのです。
カップルでひとつの布団で寝ている際、寒い夜中に無意識に布団の取り合いをしたことがある人も少なくはないでしょう。

 

相手の寝返りの際の振動等が伝わりにくくなる

でも、布団が分けられれば、それぞれが自分の好きな温度で眠ることが出来ますよね。
寒がりな人は1枚多く掛ければ良いのです。
それに、分けられるのは布団だけではありません。
マットレスも分けることが出来るので、相手の寝返りの際の振動等が伝わりにくくなります。
また、部屋の広さを考えた際にもクイーンサイズは大き過ぎないという利点があります。
確かにシングルをふたつ使用すれば更に眠る時のスペースを確保することは可能ですが、部屋のほとんどを占領されてしまうことになりかねません。

 

まとめ

その点クイーンサイズならば、ふたりでも快適に眠れるうえに部屋のスペースをそれほど取らなくても済みます。
十分な広さの部屋がないけれど、睡眠はしっかりと取りたいというカップルは是非クイーンサイズのベッドを試してみてはいかがでしょうか。