純金積み立てはなぜ注目されるのか

投資に挑戦したいけど、未経験なので気軽に始められる方法を探している人は多いでしょう。
そうした人から注目されるのが純金積み立てで、投資経験がまったくなくても問題なく始められます。
長期の積み立て運用をしていく性質から、リスクを最小限に抑えられるのが魅力です。
積み立ての方法は主に2種類あり、月に5,000円などと金額を決める方法、またgで決める方法があります。
金投資は経済的に余力のある人、お金持ちがするものと思われがちですが、一般的な経済レベルの人でも問題なく参加できます。
積み立て金額や量は自分で決められるので、無理のない範囲で始めてください。

初心者は少額から始めてみる

純金積み立てを始める初心者は、少額から始めてみましょう。
例えば毎月のお小遣いが3万円ならば、そのうち5,000円だけ積み立てに回すなど工夫するわけです。
無理をして高額で契約すると、毎月の資金調達に苦労する可能性があります。
何年積み立てるのか目標設定をしたうえで、毎月必ず捻出できる金額を決めてください。
取引方法は店頭とネットがあり、後者のほうが手数料が安くなっています。
また積み立てする金額によっても手数料は異なり、積み立て金額が上がるほど手数料は下がるのが一般的です。

純金の購入費用は口座引き落としでの支払いになります。
自動的に引き落とされるので、そのつど店頭やネット取引をする面倒がありません。
あらゆる投資法のなかで最も気軽に始められ、リスクが低いので初心者に向いています。
銀行に円預金をしていても、ほとんど利息がつかない時代だからこそ、投資をする必要性が高いのです。
有事の金と言われるように、いざというときに金を所有していると役立ちます。
金は価値がゼロになることはなく、ここが紙幣や株券などと異なるところです。
近年では資産の目減りを防ぐために、資産保全として積み立てが行われるようになってきました。

金はいつでも現金化できる

金はいつでも現金化できるメリットがあります。
貨幣価値は年々下がっている現実があり、銀行に預金しておくだけではお金の価値が減っていくのです。
現在における1万円は、将来的に8,000円や5,000円の価値しかなくなるわけです。
資産の目減りを回避するには、資産を増やしていくことが必須になります。
ポピュラーな投資には不動産投資もありますが、不動産は活用せずに所有しているだけでは負の資産になります。
また純金積み立てと比較してリスクが高いのが特徴です。
不動産投資がミドルリスクなのに対して、純金投資はローリスクとなっています。

景気情勢が悪化しても、金は高い価値を維持できます。
埋蔵量が決まっているためで、今までの歴史においても金が無価値になったことはありません。
利息や配当などは発生しませんが、価値がゼロになる心配がないのは大きいです。
純金積み立ては大きく利益を得たい人よりも、資産を守りたい人に適した投資です。
お金はすぐに減るものですが、増やすのは難しい性質があります。
増やすためにはいかに目減りを抑えるかが重要です。

金を保有していると心の余裕につながる

金を保有していると心の余裕につながります。
心が不安定になる要因として経済的な問題があり、生活資金が足りない、老後資金を確保できない、などの問題は大きいでしょう。
こうした問題を解決するには、純金という有形の資産を蓄積していく対策が役立ちます。
従来の積み立てといえば店舗購入し、自宅で保管しておくイメージがあるかもしれませんが、現在は店舗側に預かってもらえるのです。
財形貯蓄のように自動的に積み立てができるので、資産管理の面倒がありません。
気が付いたら金価格が急上昇し、資産が大幅に膨らんでいたという人は多いです。

近年は金価格が安定的に上昇しており、それに伴って投資の費用対効果が上がっています。
不景気になれば貨幣価値は下がりますが、金に関しては逆に上昇することが多いです。
豊かな老後のためには2,000万円の貯蓄が必要などと言われていますが、これは決して大げさではありません。
人生100年時代が当たり前になれば、より多くの老後資金が必要になります。
年金だけでは十分な生活を実現することは難しく、趣味・娯楽を存分に楽しむ余裕は生まれないでしょう。
若いうちから純金積み立てをして資産を増やしておけば、快適で楽しい老後を実現できるはずです。

まとめ

お金は人生の質に直結してくる問題であり、お金に困らない人生を実現するにはお金と常に向き合うことが大切です。
純金積み立ては特別な知識がなくても始められます。
毎月お小遣いの余りを銀行に預金するという方法は、効率よく貯めるのが難しいです。
純金を自動的に積み立てする方法ならば、毎月引き落としされるので着実に貯められます。
当初は少額から積み立てし、経済的な余裕が出てきたら増額するのもありです。
一般的に20~40代のころは家計に余裕のない家庭が目立ちますが、50代以降は余力が生まれてくるケースが多いので、この年代から本格的な積み立てをおすすめします。

 

関連記事
「株式会社ゴールドリンク」での資産運用の強み