オンラインの賭け麻雀の違法性について

違法性を立証するのは非常に難しい?

オンラインの賭け麻雀については、その違法性について判断することは極めて難しいものがあると言えるのかもしれません。
というのは、今の日本の法律では賭博行為は違法であることは間違いないのですが、これはお金を賭けてゲームをするということに対してその違法性を問われるということになっているからです。

つまり、ゲームをしている事自体は違法性は無いので、ゲームを楽しんでいるという事をもってして逮捕するというような事は出来ないという事です。
違法性が問われることになるのは、ゲームの終了時にお金がかけられていて、現金の移動があった時にはじめて問われることになると考えていいでしょう。

ですが、オンラインの賭け麻雀においてはゲーム終了時に移動するのは点棒であって、現金ではありません。
そして、その後で点数計算というものが行われて、それが数字となって自分の点数などに変換されて表示されるだけという事になっています。

この数字はまだこの時点では現金になるのかどうかという事は分かりません。
それが現金化されるという事が行われて初めて、お金との関係性が立証されるという事になり、ここではじめて違法性の証明が出来るという事になるはずです。

お金が動いてもそれが麻雀の勝ち負けによるものか分からない

という事は、この点数が麻雀のゲームと関係性があり、賭け事が行われた結果としてこの数字が出てきているという事は極めて立証することが難しいという事が分かるはず。

ゲームの結果のデータを追って、点数に変わるところを追って、それが自分の口座の数字に変換されて、現金化されるというところまでの全てのデータを追わなければ、この立証をすることは出来ません。

ですから、運営側がデータを警察などの取り締まりをしているところに出さなければ、まずオンラインでの賭け麻雀の違法性を立証するという事は出来ないという事になるわけです。

これは、旅行などで新幹線の中で麻雀をしている人を見かけても、まずその場で逮捕できないというのと似たようなものだという事です。
何しろ麻雀そのものは違法でも何でもありませんから、プレイをしている段階で捕まえるという事はまず出来ません。

プレイの後でお金の移動のようなものがあったとしても、それが麻雀に関係しているものかどうかは判断が難しいのです。
単に弁当代を出しただけとか、旅費の精算が麻雀の後で行われただけという事も考えられるわけですから、この賭け事をしているという事の証明は極めて難しいという他ありません。

運営側がデータ提供などの協力をしない限り難しい

それがオンラインでの賭け麻雀ということになれば、運営側がデータ提供などの協力をしない限りはまず、違法性の立証は不可能と考えていいでしょう。
何しろ、画面上で移動するのは既に現金でも何でもなくて、点棒が移動するということになっているだけですから、それで違法性を証明することは出来ません。

現金が出てくるのは、画面上ではなくプレイをしている場面でもなく、全く麻雀の画面など関係ないところで現金化されるという事がほとんどですから、そうなるとこれが賭け麻雀によるものなのかどうかなど、まず判断することは出来ないでしょう。

実際にオンラインで賭け麻雀をしているような人は、他にも様々なサービスを利用しているので、それらの結果として口座を利用しているという事があります。
現金化されて自分の手元に戻ってくるという事はむしろ稀なケースというように考えても良いかもしれません。

人によっては電話代などにお金を利用しているかもしれませんし、電気代などの公共料金の支払いに利用しているかもしれません。
オンラインになっている段階でデジタルデータという現金とは違う媒体になっているわけですから、それで現金のやり取りを証明するというのは極めて困難という他ありません。