年齢を重ねても楽しめるのが麻雀の魅力

幅広い世代に利用されている麻雀の魅力とは

麻雀は、幅広い世代に利用されているゲームです。
トランプでは2人でもできるものが多いですが、麻雀の場合は4人1組または3人1組であることが基本となっています。

そうした点をネックに感じる人も中にはいるかもしれません。
ただ、このゲームには他のテーブルゲームにはない魅力がいくつも存在するため人気が根強いです。

麻雀の魅力は、まずはなんといっても子供から年配の方に至るまで性別を問わず幅広い世代が楽しむことができます。
年齢を重ねてもゲームを楽しめることは、大きなメリットといえるでしょう。

健康麻将(けんこうまーじゃん)と呼ばれるゲーム代だけを支払うことでゲームを楽しむ形態の店舗においては、18歳以上の若者と高齢者が長時間対局をしている風景も珍しくありません。

それから近年では店舗で行うだけではなく、専用のゲームアプリやソフトなども導入していますので、それを使ってオンライン上で楽しむこともできます。

ルールさえ覚えてしまえば初心者の人でも勝つチャンスがある

さらに他のテーブルゲームになかなか見られない点には、ルールさえ覚えてしまえば初心者の人でも勝つチャンスがあることも確かです。
ルールそのものは店舗によって違ってくる面もあるのですが、大体の店舗ではそこまでルールが複雑になっているわけではなりません。
基本的なことを覚えてしまうのはそう時間をかけずにできます。

初心者のプレイヤーが他のゲームである囲碁・将棋・オセロ・ポーカーなどといった種目のプロの人とそれぞれの分野で勝負をして勝つのはいきなりは難しいことは確かにいえます。
しかし、このゲームについては誰でも運しだいで勝つチャンがあることからやりやすいことが魅力です。

プロや熟練者相手にゲームをする場合は、長期戦ではプロの方に勝つのは難しいかもしれません。
ただ、東風戦・半荘だけの短期決戦で行うのであれば十分勝てる可能性がありそれがモチベーションにもつながります。

麻雀で勝つためのポイント

麻雀で勝つためのポイントとしては、その場に応じた状況を把握したうえで振り込みと呼ばれる得点が奪われることをできる限り少なくすることにあります。
あとは、上がり役を目指して取り組むようにすれば勝てる可能性が出てくるので、まずは手役をどうやって作るかを考えておくことが戦略をたてる際の鍵です。

それから、打っているとその時々で得点状況が目まぐるしく変わりやすいことも奥深さの一つです。
スタート時の配牌が、毎回毎回違っていてツモと呼ばれる牌をひく行為をするの順番も毎回違ってくるため、その状況に応じてプレイヤーが求められる場面が違ってくることを考慮したうえで行動をたてるのも重要です。

年齢を重ねた人がこのゲームを行うメリットとしては、もう一つ重要な点があり手先を動かすことによって脳の活性化や健康に繋がることがデータとして確立しています。
牌を並べることやツモ牌を引いたり、他家から鳴いたりといった動作には、その都度手足を動かすことになります。

頻繁に手を使うため脳の活性化に繋がる

最近では雀卓が自動式になっていることも多いですが、特に手積みと呼ばれる完全な手動のみで対局を行った場合には洗牌という牌をかきまぜる動作を1局ごとにするためにさらに頻繁に手を使うため脳の活性化に繋がります。

それからあがった役には点数計算もする必要がありますが、その計算をするのもまた頭の体操になる点もメリットです。

覚えてしまえばそんなに点数計算が難しいものではありませんが、符計算は少し戸惑うかもしれません。
ただパターンはある程度決まっていますので、やっていけばそこまで敷居は高いものではないでしょう。

このように、麻雀は幅広い年齢にとって親しまれているゲームとして広く定着しています。
大会なども開催されており、モチベーションなども上げやすいためこれから参加する方は是非参加すると良いです。