フォニックスを学ぶことで英語の発音を改善する

日本人の英語の発音はカタカナ英語で、アメリカ人に通用しないとよく言われます。
日本人がきれいな発音を出来ないのにはいろいろと理由がありますが、言語の作りが大きく違うところが1番の問題です。
日本語は母音が重要な言語で子音と組み合わせて発音します。
しかし、英語では子音と母音と子音の組み合わせが多く見られます。
そのため一つの単語が長く見えますが、実際発音する時に全ての音を発声するわけではないのです。
全ての文字を発音しないというのが、英語を勉強する人にとっては難しいのです。
実は英単語の発音には規則性がありますので、それを覚えてしまえば発声が楽になります。
その発音の規則のことをフォニックスというのです。

英単語を効率よく暗記するために単語帳は必要ない

学生時代に単語帳を作って一生懸命単語を覚えた経験が誰しもありますが、その多くは忘れてしまいました。
日本の英語教育の問題点かもしれませんが、試験勉強のための勉強になり英会話を身につけることが出来ないのです。
そもそも英単語を効率よく暗記するために単語帳は必要ないのです。
フォニックスを学ぶことと、単語のイメージを掴めば大体理解できるようになることがわかります。
しかし、残念なことに日本の英語教育で基礎的なフォニックスを学ばないために、効率よく学べなくなるのです。
例えば英語のworkですが、ワークと発音することを多くの人が知っています。
ここでは英語のoをアと発音していることがわかります。
ローマ字読みを勉強していると、発音の仕方が違うので学び直す必要があるのです。
Tの発音もティーではなく、ツゥみたいな音になります。
それで、アルファベットの読み方を最初にキチンと学ぶことがフォニックスの基礎となってくることがわかります。

アルファベットの歌をエービーシーディーと歌わせることがダメ

アルファベットの歌をエービーシーディーと歌わせるとそれこそ間違った発音を覚えることになるのです。
英語圏の国では子供達が小さい時からフォニックスの子供向けのビデオや番組を繰り返し見せて覚えさせます。
そのようにすることで、英語の発音を覚えるとともにアルファベットの発音の規則を体で覚えていくのです。
しかも、表記されながら発音されないケースもたくさんあるのでそれも覚える必要があります。
例えばknowやknifeという単語で最初のKは発音しません。
これも規則として覚える必要がありますし、thなどは日本語にはない音なので覚えるのに努力を要します。
アルファベット一つ一つの正しい発音を覚えた後に、母音と子音の組み合わせた場合の発音も覚える必要があります。
慣れてくると文字数が長い単語でも辞書を見なくても、なんとなくどのように発音をしたらいいのかわかるようになるのです。
多くのネイティブはそのように発音をしており、一つずつ辞書で確認することはありません。

英語では前後の単語の音がつながったり発音しないことが度々ある

単語一つずつの発音がわかってくるとその次は連結と脱落を学んでいきます。
日本語は一つずつの単語をはっきり発音しますが、英語では前後の単語の音がつながったり発音しないことが度々あるのです。
特に前置詞は前後とくっつくので音が変わり、キチンと学んでいないとネイティブの発音を聞き取れません。
例えば、ofの発音はオブと学ぶますがそのように発音をしていることを聞くことはほとんどありません。
HeやHerなどのHも発音されないことがありますので、聞き取りがむずかしいのです。
学校でローマ字読みの発音を学んだために正しく発音が出来なくなり、しかもネイティブので発音を聞き取れないのです。
その結果、英語が嫌いななってしまい学ぶモチベーションが下がってしまいます。

耳で聞いた音をそのままカタカナで書けばいい

では、どのように学ぶのがいいのでしょうか。
話すと聞くという会話の基本を考えた場合、単語帳を作って単語を暗記するのは時間の無駄になります。
いきなり単語を見てしまうとアルファベットに惑わされてしまいますので、音声を聞いて耳で確認することが大事です。
耳で聞いた音をそのままカタカナで書けばいいのです。
例えば「How、are 、you」を一つずつ発音するとハウとアーとユーになります。
実際のところの発音はハワユーとなります。
理屈で覚えるのではなく、耳で覚えることが大切であることがわかるでしょう。
建物を建てる場合、基礎がしっかりしていないと建物が安定しませんし上にたて続けるのが難しくなります。
英語の発音は国や地域で違うので発音が全てとは言えませんが、それでもフォニックスを学び最低限のルールを学ぶことで効率よく単語を学び発音を改善することができるのです。

まとめ

動画サイトでも扱っているものがたくさんありますし、本屋でも専門に扱っている学習書を見つけることが出来ます。
子供向けのモノも多くありますが、基礎に戻りもう一度学び直すなら新たな発見があり更に映画学習の面で進歩出来るでしょう。
何でもそうですが、上達できると楽しいものですし意欲を保つことができます。
英語が話せるようになると世界が広がり生活が大きく変わることになります。