話題のクレンジングバームの特徴を知ろう

「毛穴の汚れがしっかり落ちるクレンジングを探している」
「クレンジングバームのメリットが知りたい」
「クレンジングバームは敏感肌にも使えるの?」

クレンジングと一言で言っても様々な種類のものがありますが、近年肌や毛穴がきれいになると話題を集めているものがクレンジングバームと呼ばれるものです。
テレビCMでも頻繁に見かけるようになったり、バームタイプのアイテムも増えていて、その人気が伺えます。
美容雑誌などでも注目を集めていて、興味を持っている人も多いことでしょう。
とはいえ他のクレンジング剤とどのような点が違うのかと聞かれると、細かい部分まではよくわからないと言う人も多いはずです。
これから始めて使いたいと考えているのであれば、その効果やメリットだけではなくデメリットなど、基本的な特徴についてしっかりと把握してから使うことが望ましいです。

クレンジングバームとは

まず最初にクレンジングバームとは、独特のテクスチャーを持つクレンジング剤です。
オイルを固めたクレンジング剤で、最初に手に取ったときには硬く固体状のものですが、手に乗せるとその熱で溶けるのが1つの特徴です。
初めて手に取ったときにはどうやって顔に伸ばせば良いのだろうと疑問に思うかもしれませんが、少しずつ体温の暖かさで溶けていくため、使い方がわかるはずです。
アイテムにより異なりますが、クレンジングバームが溶けるとオイルとクリームのようなテクスチャーになります。
バームとは軟膏という意味があり、見た目はケースに入った軟膏ですが、これはオイルを固めて作られているため、肌にのせることで体温で届ける仕組みです。
多くの容器はジャータイプとなっていて、専用のスパチュラがあり、これを使い中身を取り出すことになります。
液だれの心配もないでしょう。

クレンジングバームを使うメリット

洗浄力が高いため毛穴の汚れもすっきりと落とすことができる

このようなクレンジングバームを使うことにはメリットがありますが、最大のメリットは洗浄力が高いため毛穴の汚れもすっきりと落とすことができる点です。
もともとはオイルであるため洗浄力に優れていて、毛穴の汚れだけではなくメイクまできれいに落とすことが可能です。
皮脂や汗によるべたつき、テカリなどもしっかりと落とすことができるでしょう。
夏になると強力な日焼け止めを塗ったりする人も多いですが、濃いメイクでも潤いを残しながらクレンジングをすることができます。
このようなことからオイリー肌の人には非常にオススメと言えるでしょう。

くすみにも効果が期待できる

くすみにも効果が期待できることも一つの特徴です。
くすみの原因は乾燥による古い角質やメイク残りと言われています。
古い角質が残っていると、化粧水や美容液をいくらなったとしても、肌の奥に浸透するのを邪魔してしまいます。
洗浄力に優れていてメイクや毛穴の汚れをきれいに落としてくれるクレンジングバームは、このような古い角質を落とすにはぴったりのものといえます。
溶けたバームを肌に乗せると手の滑りがなめらかになるため、手と顔の肌の間での摩擦も起こりにくいです。
このようなことからオイルとは異なりクレンジングをしながらマッサージも可能です。
古い角質がクレンジング剤に絡まりやすいことから肌がスッキリし化粧水や美容液の効果も高まり、透明感のある肌を目指すことができます。
肌のコンディションを整える効果も得られるため、肌の健康維持にもつながります。

肌に必要となる油分まで落としてしまう

反対にクレンジングバームにはデメリットがあるのも日常であり、それは肌に必要となる油分まで落としてしまう、です。
洗浄力が高いことから、メイクや皮脂汚れをすっきりと落とすことができるのですが、それとともに顔に必要となる油分まで落としてしまうケースがあります。
このようなことから、バームを使い顔を洗った後は、化粧水や乳液などでしっかりと保湿を行わなければなりません。
敏感肌や乾燥肌の人はもとから肌の油分が少なめな傾向にあるため、バームを使った場合には乾燥肌を進めてしまったり、肌荒れの原因にもなることがあります。
このようなことから、乾燥肌や敏感肌の人は、毎日使うのではなく、肌のコンディションを見ながら間隔をあけて使ってるのが1番です。
このバランスが意外にも難しく、皮脂が多めの場合には、どうしてもすっきりと洗いあげたくなってしまいます。
一生懸命顔を洗ったがために乾燥肌になってしまうケースがよくあるケースです。
使用品度は自分の肌に合わせるなど、調整が必要だと言うことを覚えておきましょう。
とは言え近年では保湿成分がしっかりと配合されたものも多くなってきています。
洗浄力が高いからこそダブル洗顔の必要もないため、汚れを落とし肌に必要となる余分を残し新井上げることができるのです。
明光歳や洗顔でつっぱり感を感じる場合には、洗いすぎずに汚れを効果的に落とすことができるバームはオススメといえます。

マツエクをしている場合には使えないケースが多い

またマツエクをしている場合には使えないケースが多いことも覚えておきましょう。
まつエクは専用の接着剤を使い自分のまつげにエクステをつけるものです。
オイルが含まれているクレンジング剤を使ってしまうと、この接着が弱くなり取りやすくなってしまいます。
このようなことからバームはオイルでできているため、松江区には向いてはいません。
しかしバームの中にもまつエクに対応しているものもあるため、買う前にしっかりと確認をすることが大切です。